脂質異常症とLDL(悪玉)コレステロールを下げるためのサプリメント

脂質異常症とLDL(悪玉)コレステロールを下げるためのサプリメント

脂質異常症とはどのような病気でしょうか?

脂質異常症は、高脂血症とも呼ばれます。脂質異常症は、そのままにしておくと、様々な病気を引き起こす原因になってしまいます。
血液中には、様々脂質があり、その種類には、コレステロールや、トリグリセリドと呼ばれる中性脂肪、リン脂質などです。
そのうち、コレステロールや中性脂肪が多い状態を脂質異常症と言います。
脂質異常症となる原因には、遺伝的なもの、また運動不足や食生活が悪く、生活習慣の乱れなどが考えられます。
この病気は、生活習慣を改善することで、治ることもあります。
まずは、適度な運動を行い、油ものや、コレステロールの多い食事を控えることで、その改善を試みることが大切です。
しかし、それでも改善しない場合は、薬剤の服用が必要となります。
薬剤の種類は様々で、コレステロール自体を下げるもの、特に悪玉コレステロールを下げるもの、中性脂肪を下げるものなどがあります。薬剤を服用している期間も、生活習慣に注意することが必要です。薬剤を服用していても、その他の面で、改善することができれば、薬剤の服用を中止することもできます。
薬剤を服用する場合は、継続して服用する必要があります。自己判断で中止をすると、また、元の状態に戻ってしまうということもあるので、注意が必要です。

脂質異常症の原因は食生活です

脂質異常症の殆どの原因は食生活にあります。
脂質異常症の原因になる食生活や生活習慣には、肥満、コレステロール、甘い物の食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎ、ストレス、喫煙などです。
食べ過ぎや運動不足による肥満は、脂質異常症の特に大きな原因です。お腹周辺に脂肪が多い内臓脂肪型肥満は、中性脂肪値や悪玉コレステロール値が高いことが殆どで、善玉コレステロール値が低くなる傾向です。
卵、魚卵などコレステロールが多い食品を食べ過ぎると血液中に悪玉コレステロールが増え、肉の脂身など動物性脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸を摂り過ぎても血中の悪玉コレステロールは増えるのです。また、甘い物の食べ過ぎは肥満になるだけではなく、中性脂肪値をあげ、善玉コレステロールを下げます。
脂質異常症を放置すると特に悪玉コレステロールが高い場合、動脈硬化が進んで脳梗塞、心筋梗塞など血管系の病気が起きやすくなります。
動脈硬化を進めないためにも治療が必要ですが、まずは食生活や運動不足の解消などライフスタイルの改善をすることが大切です。体が必要とするエネルギーを多く摂り過ぎないようにすることが大切で、悲観がある場合にはエネルギーの摂取量を見直し肥満を解消します。

脂質異常症とコレステロールの関係について

脂質異常症というとすぐにコレステロールの取り過ぎだと考える人がいますが、脂質異常症の全てがコレステロールの異常ではありません。なぜかというと、ここでの脂質の異常には、コレステロールのほかに中性脂肪と呼ばれるタイプの脂質もあるからです。中性脂肪とは、場合によってはトリグリセリドと呼ばれることもあります。
ですので脂質異常症とは、中性脂肪か、コレステロールか、あるいはその両方ともが異常値を示している病気ということになります。原因の多くは、もちろん脂肪の多い食事、脂肪の取り過ぎということになります。現代の食生活では、得てして脂肪が過剰になっています。肉類、とくに赤味肉ではなく日本人の好きな霜降り肉、食用油を多く使った料理や調味料、バターやマーガリンなどがその代表例です。
おそらく現代日本人の普通の食生活では、食事としてしっかりと食べている限り、脂肪が過剰になって脂質異常症を起こすことはあっても、その逆、つまり脂肪が欠乏してなんらかの病気を引き起こすというようなことはまず起こりえません。
脂質異常症はそのうちに動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわるような病気を起こす可能性があります。自覚症状はまずありませんが、しっかりと対処することが必要です。

 

LDLコレステロールが高い原因について

健康診断を受けた際に結果を見てショックを受けることが多いのがLDLコレステロールの数値です。LDLコレステロールとは悪玉コレステロールのことを言います。コレステロールには善玉と悪玉の2種類がありますが、悪玉コレステロールは摂取しすぎると余分なコレステロールを体の細胞に運び込みタンパク質と結びつき、細胞や血管に入り込んでしまいます。そのため、増加してしまうと病気の原因になる恐れがあります。LDLコレステロールの数値が高い場合は普段から食生活を中心に生活習慣の見直しをすることがおすすめです。若干数値が高い程度なら食生活を気を付けるだけで平均数値に戻すことができます。大幅に数値が高い場合は、普段の食生活でコレステロールを摂り過ぎている可能性が大きいです。まずはコレステロールの高い食材を知り、普段食べ過ぎているものがないかチェックしてみましょう。食生活の改善と同等に効果があるのが運動です。特におすすめなのが有酸素運動です。運動をすることで体にたまってしまっている悪玉コレステロールを減らすことができます。有酸素運動は脂肪燃焼効果が高いのでウォーキングやジョギング、水泳などを定期的に行うと良いでしょう。

LDLコレステロールを下げる食べ物について

LDLコレステロールを下げる食べ物は、チアシードです。チアシードは美肌やダイエットの良いスーパーフードとして話題ですが、LDLコレステロール対策にも有効です。オメガ3脂肪酸のαリノレン酸が豊富に含まれており、体内に入ると一部がDHAとEPAに変わるのでLDLコレステロールが減少します。オメガ3脂肪酸を含む調理油もありますが、それらは酸化しやすいので購入して早めに使い切る必要があります。チアシードは固い殻に覆われているので、酸化しにくくサラダやヨーグルトなどにかけると効果的です。つぶつぶとした食感で味にクセがないので、加熱する料理以外は何でも使えます。またミカンやスダチ、ユズなどの柑橘系の果物も有効です。これらの皮にはヘスペリジンという血管の柔軟性を上げて血流を促進する成分が含まれています。皮を食べるのがポイントなので、千切りにして紅茶や日本茶に添えたり、マーマレードジャムにするなど工夫が必要です。オレンジもイノシトールが含まれているので、LDLコレステロールを下げることができます。市販の100%オレンジジュースを200ml〜300ml飲むことで、1日の摂取量500mlをクリアできます。

コレステロール値を下げる食事の仕方値

高コレステロール状態が続くと、動脈硬化を招く原因にもなります。動脈硬化は、血管が狭くなり血液循環が滞ってしまう状態のことを指しますが、これは、コレステロールが増えすぎ血管内に溜まってしまう事によって起こりやすくなります。コレステロールは生きていくうえでも欠かせない脂質ですが、高コレステロール値は動脈硬化など様々な病気を引き起こす可能性が高くなりますので、食生活の改善を心がけていくことが大切です。
コレステロール値を下げるには、飽和脂肪酸を多く含む食品の摂り過ぎに注意することが大事になります。ベーコンやソーセージ、脂身の多い肉それからバターやラード、チーズなどの過剰摂取には気を付けましょう。チーズなどの乳製品はタンパク質やカルシウムを摂るのに良い食品ですので、低脂肪の物をとりいれると良いです。お肉ならば、脂身の少ない牛や豚のもも肉や鶏肉などを選ぶと良いでしょう。不飽和脂肪酸を多く含む食品を摂る事を心がけることが大切です。菜種油、ヒマワリ油、オリーブオイルなどの油類や豆腐や味噌、厚揚げなどの大豆製品、魚介類などです。野菜や海藻類も積極的に摂りましょう。間食するならば、スナック菓子や洋菓子よりも和菓子を食べれば、脂質を抑えられます。

 

もっと詳しく知りたいという方はこちら⇒LDL(悪玉)コレステロールを下げる